二階堂ふみさんコメント
曇天の新宿を、稲垣さん演じる美倉洋介と走り続けました。
湿ってて、汚れてて、それでも愛おしさを感じてしまう人間の感情に埋れながらも、美倉先生はひたすら貪欲にそれらを追い続けておりました。
雑踏の中、希望を示してくださり、助けて頂き、感謝しかありません。