MENU

ばるぼら

Cast キャスト

稲垣吾郎

稲垣吾郎(美倉洋介役)GORO INAGAKI

1973年12月8日生まれ、東京都出身。91年CDデビュー。2018年4月に公開された主演映画『クソ野郎と美しき世界』(園子温監督、山内ケンジ監督、太田光監督、児玉裕一監督)が2週間限定上映ながら28万人を超える動員を記録。近年では、19年に主演映画『半世界』(阪本順治監督)が公開されたほか、舞台では「君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~」(19)、好評につき今年赤坂ACTシアターにて再々上演が決定した「No.9-不滅の旋律-」などに出演。レギュラー番組では、NHK「不可避研究中」、TOKYO FM「THE TRAD」、文化放送「編集長 稲垣吾郎」、abemaTV「7.2 新しい別の窓」などがある。
コメント
二階堂ふみ

二階堂ふみ(ばるぼら役)FUMI NIKAIDO

1994年9月21日生まれ、沖縄県出身。2009年、『ガマの油』(役所広司監督)でスクリーンデビュー。以降の主な出演作に映画『ヒミズ』(12/園子温監督)、『私の男』(14/熊切和嘉監督)、『リバーズ・エッジ』(18/行定勲監督)、『翔んで埼玉』(19/武内英樹監督)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(19/蜷川実花監督)、大河ドラマ「軍師官兵衛」(14/NHK)、「西郷どん」(18/NHK)、「この世界の片隅に」(18/TBS)、「ストロベリーナイト・サーガ」(19/フジテレビ)、など。また、最近は文筆やカメラマンの仕事にも精力的に取り組んでいる。2020年3月30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」にヒロイン関内音役で出演中。
コメント
渋川 清彦

渋川 清彦(四谷弘行役)KIYOHIKO SHIBUKAWA

1974年7月2日生まれ、群馬県渋川市出身。98年の『ポルノスター』(豊田利晃監督)で映画デビュー。主な映画出演作は、『お盆の弟』(15/大崎章監督)、『モーターズ』(15/渡辺大知監督)、『下衆の愛』(16/内田英治監督)、『追憶』(17/降旗康男監督)、『榎田貿易堂』(18/飯塚健監督)、『ルームロンダリング』(18/片桐健滋監督)、『菊とギロチン』(18/瀬々敬久監督)、『高崎グラフィティ。』(18/川島直人監督)、『泣き虫しょったんの奇跡』(18/豊田利晃監督)。『半世界』(19/阪本順治監督)、『閉鎖病棟』(19/平山秀幸監督)の2作品で第32回 日刊スポーツ映画大賞・助演男優賞、第34回高崎映画祭 最優秀助演男優賞を受賞。

石橋静河

石橋静河(甲斐加奈子役)SHIZUKA ISHIBASHI

1994年7月8日生まれ、東京都出身。15歳から4年間のバレエ留学より帰国後、2015年の舞台「銀河鉄道の夜2015」 で俳優デビュー。初主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17/石井裕也監督)で第60回ブルーリボン賞新人賞をはじめ数多くの新人賞を受賞。ほか出演作に映画『きみの鳥はうたえる』(18/三宅唱監督)、『人数の町』(20/荒木伸二監督)、舞台「神の子」(20/赤堀雅秋演出)など。20年4月、赤名リカ役を務めたドラマ「東京ラブストーリー」がFOD・Amazon prime videoで配信。

美波

美波(里見志賀子役)MINAMI

1986年9月22日生まれ、東京都出身。深作欣二監督作品・映画『バトル・ロワイアル』(00)で映画デビュー。 映画、TV、舞台、CM と多岐に渡り日本で活躍し、近年では絵画の創作も行っている。2015 年には、文化庁「新進芸術家海外研修制度研修員」のメンバーに選出され、フランス・パリのシジャック・ルコック国際演劇学校に 1 年間在籍。 現在は、日本、フランス、アメリカを拠点に活動中。 第70回ベルリン国際映画祭でワールドプレミア上映された映画『MINAMATA』(20/アンドリュー・レヴィタス)に出演。

大谷亮介

大谷亮介(里見権八郎役)RYOSUKE OTANI

1954年3月18日生まれ、兵庫県出身。86年「役者集団東京壱組」を旗揚げし、解散後は2001年「劇団壱組印」を旗揚げし、三軒茶屋婦人会にも参加。舞台演出も多数手掛ける。91年に第26回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。近年の出演作に舞台「イヌの仇討」(17/井上ひさし作、東憲司演出)や舞台「HAMLET-ハムレット-」(19/森新太郎演出)がある他、映画『純平、考え直せ』(18/森岡利行監督)、『ダンスウィズミー』(19/矢口史靖監督)、大河ドラマ「いだてん」(19/NHK)、「ストロベリーナイト・サーガ」(19/フジテレビ)などに出演。

片山萌美

片山萌美(須方まなめ役)MOEMI KATAYAMA

1990年10月1日生まれ、東京都出身。ドラマや舞台、映画でも活躍。2012年ミス日本ネイチャー、第25回ワールド・ミス・ユニバーシティ・コンテスト日本代表に輝く。近年のドラマ出演作に、「いだてん」(19/NHK)、「おっさんずラブ-in the sky-」(19/テレビ朝日)、スペシャル時代劇「十三人の刺客」(20/NHK)等がある他、映画出演作に『万引き家族』(18/是枝裕和監督)、『富美子の足』(18/ウエダアツシ監督)、『いなくなれ、群青』(19/柳明菜監督)、『銃 2020』(20/武正晴監督)等がある。

ISSAY

ISSAY(紫藤一成役)ISSAY

静岡県出身。84年に結成し翌85年デビューしたDER ZIBET(デルジベット)のヴォーカルを務める。85年公開の手塚眞監督作品『星くず兄弟の伝説』で映画デビュー。この時、プロデューサーであった近田春夫氏に見初められ、DER ZIBETデビューへとつながる。DER ZIBETは他のどんなバンドとも違う圧倒的なオリジナリティで独自の地位を築く。退廃的な詩の世界観や、ジャンルに捕らわれない多様な音楽性に彩られた、独創的な美学を持ち、後のヴィジュアル系と呼ばれるバンドにも大きな影響を与えている。

渡辺えり

渡辺えり(ムネーモシュネー役)ERI WATANABE

1955年1月5日生まれ、山形県出身。劇作家、演出家、女優。舞台に映画、テレビ、音楽活動など幅広く活躍。78年に「劇団3◯◯」を結成。98年の解散後、現在は、「オフィス3◯◯(さんじゅうまる)」を主宰し、意欲作を発表している。2019年より、日本劇作家協会会長に就任。劇作家としては、83年「ゲゲゲのげ」で岸田國士戯曲賞、87年「瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙」で紀伊國屋演劇賞を受賞した。近年の出演作に『カツベン』(19/周防正行監督)、『ロマンスドール』(20/タナダユキ監督)、『海辺の映画館 キネマの玉手箱』(20/大林宣彦監督)がある。